韓国人や中国人をあたまから嫌っている人たちへ

中には実際に韓国や中国を訪れて、具体的に不快な思いをした経験から嫌いになった人もいるかもしれません。

一方で中国や韓国を旅して現地の人からとても親切にされて中国や韓国が大好きになったという人も沢山います。

要は個人のコミュ力次第なんですよね(元も子もない)

たいして知りもしない時点で相手を怖がったり悪印象を持ってしまう人って単にコミュ力が低いわけです。人見知りってことですよね。その状態で会って話しても仲良くなれるわけがありませんから。もしくは、相手のコミュ力が異常に高い場合なら相手のおかげでその場はなんとかなるかも知れません。

でも向こうからしても面倒臭いので、できるだけ2度と会いたくない人のリストに入るでしょうね。

残念ですが「きっとまた来てね!」にはならないでしょう。

コミュ力の高い人はよく初対面の人には家族に接するのと同じ様なスタンスで接します。基本的には他人を信頼するスタンスです。それで裏切られて傷ついても、別に命までは取られませんからまた次の中国人や韓国人を探すだけです。

人と人との出会いなんですから、就活や男女の出会いと大差ないです。うまくいくこともあれば、気まずい思いをすることもある。全てあなたのせいではないですが、あなたのコミュ力にも問題はある。

でも回数をこなすごとに必ずうまくいく確率が高まります。シンプルに慣れの問題です。

それに物理的な距離が近いところに住む人というのは、やっぱり無言で通じ合える部分が多いです。例えばアメリカ人と本気で理解し合えるには、やっぱり相当こっちから無理して合わせに行く必要があるんです。

ただの私の過去の経験談ですが、アメリカの学生って家や寮での飲み会などが盛り上がるとそのままみんなの前でセックスし始める人とか出てきたりするんですが… それが同意なのか、レイプなのか、同意のレイプなのか、日本人の私には最初は判断がつきません。ただただもうみんなの血走った目がこわいこと…。

後から聞けば「酔っ払って羽目を外しすぎた」が答えでして、死ぬほど(ま、死なないけど)後悔する人が9割、吹っ切れて毎パーティーの様にやっちゃう様になる人が1割ってところです。州によって違うというか、冬場に大雪で学生寮から出られなくなる様な州はさらにヤバイってよく聞きます。お酒以外にドラッグ類もあるし、それしかすることないし。

そんなのに比べたら韓国人なんて兄弟の様に分かり合えます。っていうか、韓国人と部屋の隅っこで「これ良いのか?通報するべき?てか白人ってみんなこうなんかよっ!>.<」って…おののくばかり。韓国人は私のおののき友達でした。

中国人はですね… どっちかっていうとそういう異文化を受け入れるの早いんですよね(人によりますね)。さすがにやっちゃってるアジア人を私(パリピーではない)は見たことがないですが、いたらたぶん止めてると思う、同じアジア人として後からの後悔のレベルがわかるから。きっと常識を共有してる筈って変な自信もあるし。

そういうわけで、周囲が全員自分と同じ日本人の中にぽつんと一人韓国人が混ざれば、その彼は異質で自分には理解しがたい言動を取るように感じても、もっと全然違う文化圏で出会ったら「俺たちおんなじだね!仲間だね!一緒にいようね!だって他のみんな怖いよね!ねー!」になります。

日本でどんなに極右の人だってきっとそうなります。きっと寮生活なら「たくあんの貸し借り・Kimuchi(和風)とKimchi(本物)の交換」をするくらいの仲にはなります。なりました。

もしかしたら知らないうちに「KimuchiとKimchiはお互いに自由に食べていいこと」になっているかもしれません。全く向こうに悪気がなく、勝手に食べられてる状態。ここで怒っちゃう人は海外が向いていない人かもしれません。まあ最初はびっくりするし怒るでしょう、勝手に食べられてるんだもん。

でもあなたも相手のキムチを自由に食べていいんです。

経験を積めばこういう微妙な間の違いが面白いと思えてきますよ。

☆☆☆こちらからシェア・いいね等お願いいたします☆☆☆

Author: Shinzo

本ブログ運営者の安倍晋三(Shinzo)と申します。   同姓同名の第90代・第96代・第97代・第98代 日本国内閣総理大臣とは別人です。日本国民であることと、日本と世界の平和だけを切に望むこと以外まったく関係はございません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA