私の見た独裁政治国家とは?

世界には今でもたくさんの独裁国家がありますね。

一応カンボジアのフンセン首相による30年以上も続く政権がギネス記録になってるそうですね。日本が天皇の治める国だったら昭和天皇の60年以上はその2倍になるのですが、そういう話ではないそうです。(王様レベルなら他にも長く即位した人はいっぱいいますしね)

私はカンボジアにも暮らしたことがあります。みなさん大変貧しい国だと聞いていると思いますが、お世辞とか誇張ではなく…行けばわかると思いますが「貧乏人」ってどこにいるの?ってくらいみんな普通に幸せそうに暮らしています。

政権が長く続く弊害は書ききれないほどあります。たんに国民にとって「フンセン首相に対して手柄を上げること」がひとつの目標や出世の手段になってしまうために、首相本人の正義感と関係なく「暗殺めいたこと」が実際に起こってしまいます。そこまで行かずとも脅迫は日常行われていて、首相の知らないところで小さな政治活動が起こってしまう。側近同士の争いが絶えない。などなど、数えきれない弊害がありとても民主的とは言いにくいです。

でもそういう状態で非常に安定しているので無差別テロなどは聞いたことがありません。国民も「政府は腐っているけど、カンボジアで無差別テロは起こらない」と断言しています。

つまり… フンセン首相ってなんだかんだで超優秀な政治家なのです。もし今後政権が変われば良くなるかも知れないですが、悪くなるリスクを考えると今のままで満足しているというのがカンボジア人の実感でしょう。足ることを知るって重要なことで、それは私がカンボジア人から学んだ人生の大きな糧です。

政治に一言でこうあるべきといえる姿はないんです。

やるならいつもトライ&エラー。やらないならやらないで別に自分たちを不幸だと思わないこと。

日本とは大きく違う政治体制だからこそ、日本人の知らない経験したことのない知恵や知識を持っています。そういうことを知れた自分は幸せ者です。

☆☆☆こちらからシェア・いいね等お願いいたします☆☆☆

Author: Shinzo

本ブログ運営者の安倍晋三(Shinzo)と申します。   同姓同名の第90代・第96代・第97代・第98代 日本国内閣総理大臣とは別人です。日本国民であることと、日本と世界の平和だけを切に望むこと以外まったく関係はございません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA