ローラさんの辺野古埋め立て反対請願のための署名を呼びかけ問題

美人は干してもまた次から次へ新しく生まれてきますが、干上がった海はそうは簡単に戻りません。

ローラさんが干されるか?ですけど、ローラさんは役者でも歌手でもなくあくまで「みため」一本で売ってるモデル系芸能人なのでそろそろジョブチェンジが必要な時期でもありますよね。何も言わなくても露出が減ってくる時期にあるかも知れません。

別にトークが面白いわけでもない(話し方は面白いのかもしれません)ですし。私は日本にいなくてよく分からないのですが、今ローラさんはどんな番組に出ているんでしょうか?

放っておいてももうすぐCMになんて呼ばれなくなる気がします。結婚だって考えていい時期ですしね。芸能界から干される = 彼女が不幸になるでは決してありません。一生芸能人で暮らす方がよっぽど人生を棒に振ってるようにさえ感じませんか?

私は子供の頃に毎日のように活躍していたお笑い芸人やアイドルたちが、もうお爺ちゃんになってるのに今だにテレビの第一線で毎日活躍してる姿を見ると悲しくなるのです。

このひとたちの人生ってなんだったの?って。こんな程度で「干される」のだからそれはもうものすごく狭い狭い狭ーい世界なんですよ結局。

そもそも論として、ローラさんがわざわざ署名を呼びかけたのは「日本人の興味が辺野古埋め立ての問題に(賛成反対問わず)あまり向いていないから」ですよね。私も含めて問題がよく分かってなくて、賛成も反対もなくどっちでも良かった。

国民が本気で考えてるのなら「一芸能人が職を失うかどうか?」とか「その芸能人を起用していた企業の売り上げがどうなるか?」とかどうでも良いことでしょう?そこがメインの話題にはならないはずです。むしろ「意見の無いこと」の方が問題視されていいくらいです。

だから別にローラさん自身はとくに後悔してないんじゃないかな。

そもそも「干す」って言う発想がね。。。ローラさんさ、もうYoutuberとかになっちゃいなよ。

辺野古の埋め立てが国土の安全のために必要だとして、辺野古の埋め立てって「国土の破壊」じゃないですか…。個人的に綺麗な海はなにごとにも代えがたいほど好きです。ローラさんの進退はもちろん、正直そこが日本でも中国でも些末な問題に思うほど大切に感じます。

でも、一方で私たちの選んだ政府のすることですから、すべての責任は国民一人一人が平等に負うものです。きっと日本国民は、いいえ地球上のすべての生物が、綺麗な海をまたひとつ失います。

どうしてそんなことにならなければならないのか?

もっと話し合うべきはそこですね。これ以上は綺麗な海を失いたくないですから。

☆☆☆こちらからシェア・いいね等お願いいたします☆☆☆

Author: Shinzo

本ブログ運営者の安倍晋三(Shinzo)と申します。   同姓同名の第90代・第96代・第97代・第98代 日本国内閣総理大臣とは別人です。日本国民であることと、日本と世界の平和だけを切に望むこと以外まったく関係はございません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA